Ooho!食べるペットボトル これは凄い!大ニュースと思いきや!

Ooho!食べるペットボトル これは凄い!大ニュースと思いきや!


Ooho!はダブルオーホーとかオウホウて言うそうです。

スポンサーリンク




4月8日から13日に開催されたミラノ国際家具見本市で、
ロンドンの3人の学生のアイディアが発表された。

プラスチックを使わないプラスチックボトル、
言い換えるなら、食べることのできる水、だ。

彼らは1946年に考案された、
液体に形を与える技術から着想を得た。

その目的は、空になって捨てられる
ペットボトルをなくすことにある。

結果でき上がったのが、カバンの中に入れられる、
透明のゼラチンだ。

衛生的だし、海藻と塩化カルシウムで
できているので食べられる。

手にとってまるごと食べたり、
歯で穴を開けて半熟卵のようにすすることもできる。
中身が残っていても、唾液で穴を閉じて
固められるので、何かで封をする必要もない。

スポンサーリンク




この天才的なアイディアの名前はOoho!という。
非常に丈夫で経済的な容器なのだ。
しかも、ひとつ作るコストは、わずか2セント

Ooho!はすでに、Lexus Design Awardを受賞している。
とか何とか。
これは凄い!大ニュースと思ったのが恥ずかしい。

日本では、とうの昔に「いくらキット」が
売られてるではないの!

「食べられる」だって開発されて、
Wikipearlとなりルーヴル美術館の近くで、
風変わりなアイスクリームになっている。

スポンサーリンク




なんで今頃、Ooho!がニュースになったのか?
記者も不明であったか?

ooho!食べるペットボトルは「持てる水」とも
言われるそうナ。

兎も角、
ooho!の作り方、簡単すぎるので紹介しときます。

Ooho!の簡単な作り方


用意するものは
・水1カップ(250cc)・4カップ(1L)
・ハンドミキサー
・ボウル 3個
・スプーン(お玉で代用可)
・お玉
・グラム計量出来るもの
・食用アルギン酸ナトリウム 1g
・食用乳酸カルシウム 5g

食用アルギン酸ナトリウムは、
天然海藻から得られる物質で、
食品の増粘剤などに使われています。

食用乳酸カルシウムは、
水に溶けやすい性質を持っている、栄養剤です。
ケーキの膨張剤としても使われています。

ooho 手に持てる水.gif

食用アルギン酸ナトリウムと食用乳酸カルシウムは、
薬局やスーパーではあまり取り扱っていません。
インターネットで購入するのがベストです。

人工イクラを作る時の材料と同じなので、
人工イクラ風キットを購入しても作れます。

ボウルに水を1カップ(250cc)入れ、
食用アルギン酸ナトリウムを1g入れて
ハンドミキサーで混ぜます。

混ぜたらしばらく置いておきます。
15分くらいすると、気泡が消えてなくなりますので、
気泡を目安にしてください。

スポンサーリンク




食用乳酸カルシウムと水を混ぜる。

さっきとは別のボウルに、
水4カップ(1L)と食用乳酸カルシウム5gを入れて、
スプーンなどで混ぜ合わせます。

食用アルギン酸ナトリウムを溶かしたボウルから
お玉を使ってすくい、
食用乳酸カルシウムを溶かしたボウルに入れます。

3分程、ゆっくりかき混ぜます。
かき混ぜるというより、優しく撫でる感じです。

球体が出来上がっているので、
お玉ですくって水を張った
別のボウルに移して表面を優しく洗います。

出来上がり!

Oohoを作る時の注意
食用アルギン酸ナトリウムを
食用乳酸カルシウムに入れてから、
優しくやらないとバラバラになって
小さいOohoになってしまいます。

実験は何でもそうですが1回で上手くは行きません。
何回も失敗してうまくなるのです。

コツを掴むまでやってみることです。
上手く言った時の感激は、財産です!

関連記事
雅子の父小和田恒 スイスで逮捕さる! 天皇家の金を狙って!
皇室の秘密 雅子=股子は池田大作の子だった!?
生前退位とは 憲法違反である!
"生前退位"また出てきました! "摂政"で一発決着するのにさ!!
雅子と寝た男たち その2
辻元は東北義捐金3600億円の責任者だった筈だが
吉縁会評判です! お寺婚活「吉縁会」の口コミと感想!