元全日本バレーボール代表谷村孝さんの35歳突然死について

たにむら.PNG
                  (画像は日本バレーボールリーグ機構の公式サイトより)

元全日本バレーボール代表の谷村孝選手が35歳で
急性心筋梗塞で亡くなった。
これ突然死だろ。

突然死は今、年間130万死亡者のうち
約19万9000人。死亡原因の2位になっている。
1位はガンの37万人。

突然死は7~8年前は、確か2位ではなかった。
死亡者も10万人前後で19万9000人!もいなかったはず。

で、突然死のニュースを見るたびに
思い出すことがある。

管理人が、鍼学校で初めて人様の体に触った頃と
引退時では、患者さんの体に異変が起きていたことだ。

勿論、患者さん全部ではない、稀にだけれど、
それ以前は見かけなかった、全身カチカチに
固い人が現れ始めていた。

20代の男性に多かったな。

で、こんな身体で、毎日しんどいだろて聞くと、
しんどいいう。
医者は?といえば、薬くれたけど治らんかったいう。
マッサージ・整体・カイロの常連らしい。

そこで、何時も、筋肉がカチカチいうことは、
どういうことか分かってんだよなて、突っ込む。

殆どの若者は知らんかった。硬いことのオトロシさを。

スポンサーリンク




筋肉は縮んでカチカチに硬くなる。
すると毛細血管が押しつぶされてより細くなる。

細い毛細血管に血を送るために心臓に負担がかかる。
心臓が疲れて、ある日、突然動くのを止める。
これが突然死だ。

あんたこのままでは、突然死だぞと脅す。

で、何で筋肉が縮むかというと、
疲れをほっておくから。
疲れると筋肉は乳酸やら何やらで硬くなる。

すると、くび・かた・こし全身が凝って
はり・あんまが儲かる、てのは冗談だけど。

凝りははり・あんまで取るもんだて考えてるんなら、
大間違い。こりは自分で取るもんだぞ。

凝りをとる方法は、たった一つ。
全身ストレッチをすること。

はり・きゅう・あんま・整体・カイロ・医者。
どれも自分でする全身ストレッチには敵わない。

ストレッチは、"奇跡のストレッチング"に詳しい。
小林 義雄・竹内 伸也中京大教授の共著800円。
絶版だけど、Amazonか楽天で買える。

医者はなぜか筋肉の硬さを問題にしないけど、
冗談抜き、これ、今も突然死対策に有効だろ。

二度と若者の突然死ニュースは聞きたくないぞ。

関連記事
雅子の父小和田恒 スイスで逮捕さる! 天皇家の金を狙って!
皇室の秘密 雅子=股子は池田大作の子だった!?
皇室の秘密 ミテコ皇后 久邇晃子さんを侮辱!
皇室の秘密 ミテコ皇后は皇后陛下ではなかった!!
雅子と寝た男たち その2
雅子碑の学力は中卒! 大和撫子ではナイことの証明




スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ