伊丹花火大会2016 ダントツ穴場スポット発表!!

伊丹花火大会2016 ダントツ穴場スポット発表!!



まず伊丹花火大会2016の日程は、

毎年8月の第4土曜日と決まっています。

2016年は「8月27日」の土曜日開催です!

荒天の時は翌日に順延です。


伊丹花火大会2016の打ち上げ開始は、

20時です。

それから21時までの1時間に、

約3500発の花火が花開きます。


伊丹花火大会2016の会場は

猪名川沿いの「猪名川神津大橋南側河川敷」。

迷う事はありません。

川を見つければいいのですから!

伊丹花火大会2016、アクセスと見どころ



伊丹花火大会2016会場へのアクセスです。

・電車利用なら

JR伊丹駅から歩いて10分

阪急電鉄伊丹駅から歩いて約20分


会場周辺に駐車場はありません。

会場周辺は交通規制があります。

公共機関を利用しましょう!


実は伊丹花火大会2016、見どころ満載です。

毎年テーマに沿って

仕掛け花火が演出されているのです。


今年のテーマは「万華創演」(ばんかそうえん)。

新作花火とミュージック花火を織り交ぜた花火らしいです。


伊丹花火大会2016は、

36年の歴史を誇ります!

古いです。

そして、名物花火があります。

その名も“黄金しだれ柳の重ね咲き”!!

この名物花火が、

約3,500発の花火のトリを飾ります。

毎年変わるテーマに関係なく、

“黄金しだれ柳の重ね咲き”がトリなのです。


ところで、

伊丹花火大会2016には有料席ありません。

ですから穴場スポット探しが

重要となるんです。

穴場スポットそれぞれに

利点難点ありますからね。

スポンサーリンク




伊丹花火大会2016の穴場スポット



伊丹花火大会2016の穴場スポットです。

・神津大橋河川敷両岸

伊丹花火大会2016の「メイン」鑑賞スポットは、

神津大橋両岸にある河川敷。

穴場とはいえませんねここは。

会場そのものですから。


目の前で打ちあがる花火は迫力満点。

橋の南側が特にokです。

1~2時間前でも

そこそこの場所が取れます!


ただし、見上げる首が痛いもありです。

それとトイレね。

絶対量が少ない。立ちション目立ちますよ!!


・大阪国際空港(伊丹空港)展望デッキ

伊丹花火大会は、

ここから見ることを見越して始まったとしか思えません。

伊丹花火大会会場が、一望の下です。

名物鑑賞スポットです。

しかも、飛行機まで見えちゃう。

花火大会にあわせてイベントも開催される。

トイレの心配もない。


ですが、入場規制の心配があります。

早めに入場しちゃいましょう。


・伊丹スカイパーク

伊丹空港のすぐ側にある伊丹スカイパークは、

広いです。遊具も沢山あります。

人気の公園です。


駐車場料金が安い。

ジャンボジェット機も見える。

歩いて5分にこども文化科学館がある。

なのに、なぜか混まない穴場スポットなのです。


・イオンモール伊丹(ダイヤモンドシティ)屋上駐車場

打上げ会場に近いイオンモールの屋上です。

すぐ目の前で花火が打ち上がります。

すぐ目の前でも、屋上から見るので、

首は痛くなりません。

トイレ付き。

買い物まで出来ちゃいます。

ま、穴場ちゃ穴場ですね。


8月27日といえば、おそらく最後の花火です。

一番のおススメは、空港の展望デッキです!!


参考記事
麻布十番納涼まつり2016 ズバリおススメ屋台!
藤田菜七子にスマイル戻った! 佐賀で2カ月ぶり通算9勝目
山の日イベント九州 山行は温泉に下りる!
2020年東京五輪の記念硬貨 年内に販売決定!
長友佑都の"体幹トレーニング20"と そのメニューの効果は?!



スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ