100年後も生き残ると思う企業! 1位「トヨタ」2位「ホンダ」

スポンサーリンク




100年後も生き残ると思う企業! 1位「トヨタ」2位「ホンダ」

 
トヨタ、ホンダ共に世界レベルの技術が評価された。
この調査は、就職・転職活動の為に行われた。

会社が長く続いていることは、それだけ企業の
信用度が高く、安定しているということ。
そういう会社を選びましょう、と調査したもの。

担当はリスクモンスター。
第3回「100年後も生き残ると思う日本企業」
として9月末に発表された。

4月23日~24日に全国の20~59歳の有職者男女個人、
60~69歳の男女個人に対して調査を実施。

調査対象企業は年間売上2500億円以上で、
従業員数5000人以上の企業200社を抽出。

有効回収数は1000サンプルだった。

決果は、
資本力のある金融や商社系は意外とランクインせず、
1位は「トヨタ自動車」(回答率36.4%)、
2位は「本田技研工業(ホンダ)」(同14.2%)と

日本を代表する自動車会社が名を連ねている。

3位は「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(13.5%)、
4位は「東海旅客鉄道(JR東海)」(12.4%)と、
鉄道会社が続いている。

これら上位4位にランクインする企業の順位は、
昨年実施時から変化なしで、高い人気がうかがえる。

スポンサーリンク




トヨタに対しては、
「常に業界をリードしていきそうだから」
「高い技術力があるから」といった声が、

JR東海に対しては
「リニア新幹線は世界に誇れるから」の声が出ていた。
世界レベルの高い技術を持っている企業は
やはりブランドイメージ的にも強いようだ。

また、
資金力がある企業が必ずしも長く続くとは
思われていないようだ。

「上場会社純資産額ランキング」を見ると、
1位はトヨタ自動車(純資産額は18兆1000億円)だが、
2位の三菱UFJフィナンシャル・グループ(同17兆4000億円)
3位の日本郵政(同15兆2000億円)は
今回のランキングで20位圏外となっている。

メガバンク系や総合商社などは、
知名度が高くても、商品やサービスが消費者にとって
身近に感じにくいことが影響していそうだ。

「自社の技術を活用して柔軟に対応できる企業」
が生き残る?



上位20位の企業を見ると、
すべての企業が業歴60年を超える老舗企業だ。

業歴が長い企業は盤石な事業基盤を築き上げているため、
今後も引き続き活躍を期待されていることがわかる。

スポンサーリンク




リスクモンスターが保有する企業情報データベースで
100年以上の業績を持つ企業は
わずか0.03%ほどにすぎず、

経営環境の変化が激しい現代において、
企業を100年以上存続させるのがいかに
難しいかを物語っている。

長く存続する企業には高い技術力や
資本力が欠かせないが、
それだけでは十分ではないと同社は分析する。

たとえば、人気が急上昇した
5位の「日清食品」(12.3%、前回順位20位)や
9位の「キッコーマン」(10.7%、前回順位18位)など、

両社の人気についてリスクモンスターは、
「ヒット商品を開発するだけでなく、
海外市場を積極的に開拓・育成し、
ヒット商品から定番商品に育て上げて、
信頼性や安全性を高めていくための
技術開発力こそが重要な要素ではないか」と評価。

今後100年間の事象に対して、
「自社の技術を活用して柔軟に対応できる企業」や
「消費者ニーズを的確に捉え、自ら需要や市場を
創出できる力を持つ企業」が生き残るとしている。

以上、リスクモンスターのコピペでした。

関連記事
皇室の危機 玉串奉納もできない愛子が天皇?!
天皇の息子 金持ち一家と貧乏一家
桜井誠 大森駅演説 ドイツ取材!!
皇居の一般参観 “当日参加”も可能に! 
蓮舫 本名?国籍? ンなモン関係なし! 黒い噂の女が総理なんて!!
トランプ44.4%、クリントン氏44.1% 投票まであと16日!

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ