保育園と幼稚園の違いは? 公私立で費用はどう違う?

スポンサーリンク




保育園と幼稚園の違いは? 公私立で費用はどう違う?


保育園と幼稚園の違い。
公立と私立の園の費用の違いを
箇条書きにしました。

詳しくはググるか、市役所にお問い合わせ下さい。

費用は保育園・幼稚園とも保育料と呼ぶ
・保育園の保育料は、住んでいる自治体によって違う
・世帯の収入によって保育料は変わる
・無認可保育園は、一律の保育料の場合が多い
・世帯の収入が多いほど、保育料は高くなる
・住民税の額か所得税の額で保育料が決められる
 どちらになるかは自治体によって異なる
・「世帯の収入」の範囲も、
 一緒に住んでいる大人全員の収入ととらえる自治体と
 父母のみの収入ととらえる自治体がある
・自治体HPの「保育所徴収金額表」に詳しく出ている
・保育料の全国的な平均は月に2万円~3万円です。
・保育園の目的は
 「家族に代わって子どもの世話をしてもらう」なので
 大人が全員仕事をしていれば0歳児から入園可
・労働時間や何歳から入園を受け付けるかは
 園によって異なる
・保育士1人に対する子供の人数制限
 0歳児は保育士1人に3人まで
 3歳児は保育士1人に20人まで
・子どもの年齢が低いほど保育料は高くる
・兄弟が通っている保育園に下の子が入園する場合
 もしくは、同じ保育園でなくても2人以上が同時期に
 通園する場合、2人目以降は半額 3人目以降は無料
・指定の通園バッグやお昼寝布団、文房具、
 食器、着替えなど大体2万円~3万円ほど必要
・その他 PTA会費や行事ごとの写真代など
 年間で1~2万円ほど必要
・時間外保育をしてもらう時は別保育料が発生
 この額は園によって異なる

スポンサーリンク




幼稚園の費用・保育料


・幼稚園は文部科学省幼児教育課の所管学校
・学校である幼稚園は、保育料が一律
・保育園と違い世帯の収入は関係なし
・幼稚園の費用の特徴は、
 公立と私立でおよそ2倍の差が出ること
・文部科学省による全国の平均は
 公立幼稚園の年間費用149,544円
 ひと月あたり12,462円
・私立幼稚園の年間費用367,355円
 ひと月あたり30,613円
・両方とも給食費込みの金額となっています。
・幼稚園は保育時間が短くその後に習い事をするので
 時間外の学習費用を含めると 公立では年間約23万円
 私立では年間約48万円となる
・入園金が必要
 公立では1万円~2万円ほど
 私立では3万円~10万円ほど
・園指定の制服や体操服、通園帽子、バッグの購入
・PTA会費、行事ごとの写真代など年間1~2万円
・遠足の費用などが別で集金されるケースもあり
・私立幼稚園を対象にした制度
「幼稚園就園奨励費補助金制度」がある
 自治体によっては公立幼稚園も対象
・補助金の全国的な平均
 第1子では年間約6万円
 第2子では年間約18万円がプラス
 第3子では、さらに年間約30万円がプラス
 ただし、きょうだいの年齢が離れすぎは特例あり
・補助金の支給は年度末の一括払い
 月々の費用は先に建て替える必要があり!


関連記事
皇室の危機 玉串奉納もできない愛子が天皇?!
天皇の息子 金持ち一家と貧乏一家
桜井誠ブログ 田母神俊雄の有るべき姿
ヒラリークリントンの周辺で47人が不審死! クリントン暗殺団暗躍か!!
竹中平蔵「日本は低学歴社会です」だとよ!
安倍首相「安倍政権を倒したらどうするんですか?」 岡田、志位「・・・。」

スポンサーリンク

最近の記事

カテゴリ